マーキング(刻印)の種類

現在のマーキング(刻印機)市場の
様々な機器や応用技術をご紹介します。

刻印

ナンバリングヘッド

信頼性・信憑性が非常に高い、マーキング(刻印機)のスタンダード的な存在です。

銘板・ラベルから製品へのダイレクトな打刻まで、また連番号から型式・ロット番号を、半永久的なマーキングを幅広く対応できます。


ホット式刻印

エアペン式

信頼性・信憑性が非常に高い、マーキング(刻印機)のスタンダード的な存在です。

超硬のスタイラス(針)を高速振動させ、点加圧でマーキングする装置で、一般にはエアペン(エアーペン)と呼ばれています。


レーザー


マーキング(刻印)スピードが非常に速く、被加工物への荷重がなく、マーキング(刻印)後も消えにくいため電子部品などに使用されています。