これからのマーキング(刻印)

製品の品質管理面で必要不可欠な、
トレーサビリティ(製造履歴管理)のためのマーキング(刻印)をご紹介します。

QRコード利用

部品や製品にQRコードを刻印することにより、製造年月日や交換時期の記録など様々な情報を小さなスペースに登録しておくことが出来ます。

トレーサビリティーの為の2次元コード

レーザによるMRへの取組

錠剤などのお薬にはレーザによる刻印がされていて、衛生的にも安全で高速な刻印処理が出来ます。

刻印内容は製造年月日・製造元コードなど様々な内容が記載されています。

錠剤のマーキング

読取による管理体制確立

完成品の固体番号にすべてを紐付けし(組付け時に読取る)、データベースを構築します。

部品・モジュールの 品名・品番をキーに製造時の履歴調査を行い、ロット等の特定を迅速かつ正確に行え、素早い市場への対応が 可能となります。

マーキングによる製造管理

トレーサビリティリンク